古代エジプト展 天地創造の神話 国立ベルリン・エジプト博物館所蔵

  • twitter

展覧会の見どころ

ごあいさつ

古代エジプト神話の世界へ


世界の始まりは混沌とした原初の海「ヌン」であった。
その海から、すべてのものが生まれ、育まれた。
しかし、世界の終りがやってくると、すべてのものは再び原初の海へ飲み込まれていく…。


古代エジプトの神話には、このように壮大な生と死のサイクルが描かれていたことをご存知でしょうか?


本展では、そんな古代エジプト人が信じた「天地創造と終焉の物語」を、ドイツ・ベルリンにある、「ベルリン国立博物館群エジプト博物館」のコレクションの中から選りすぐった約130点の作品で展覧いたします。


展示構成は、第1章「天地創造と神々の世界」第2章「ファラオと宇宙の秩序」第3章「死後の審判」というテーマで、古代エジプトにおいて世界はどのように生まれたと考えられていたか、日本では単なる王様という印象を持たれていることが多いファラオが担った最重要の役割とは何だったのか、そして、古代エジプトの人々は死後どのようになると信じていたのか、をご紹介いたします。


また、各章で異なった空間演出を施すことで、古代エジプト時代の雰囲気を味わっていただくと共に、オリジナルアニメーションで古代エジプト神話の一部を紐解きます。オリジナルアニメーションの主役は、大人気俳優の荒牧慶彦さんが扮する「アヌビス」。皆さまが古代エジプト世界で迷子にならないよう、しっかりとご案内いたします。


さぁ、かつてない古代エジプト神話の世界を、どうぞお楽しみください。

ベルリン国立博物館群のエジプト博物館とは

ベルリン国立博物館群は、ドイツの首都・ベルリンに流れるシュプレー川に浮かぶ「博物館島」にある5つの博物館を中核とする総合博物館群です。プロイセン王国歴代のコレクションを礎とし、先史時代から現代にいたるまで、世界的な規模と質を誇るコレクションを擁しています。


さらに、第二次世界大戦や東西ドイツ分裂の時期を経て、1999年には「博物館島」全体がユネスコの世界文化遺産に登録され、2000年代からは各博物館の改築やコレクションの整理が急ピッチで進められています。

エジプト博物館は、「博物館島」にある5つの博物館のうち、2009年に改修を終えた「新博物館」内にあり、世界で最も有名な女性像の一つとして知られる「ネフェルトイティ(ネフェルティティ)の胸像」を所蔵している博物館として有名です。


紀元前3000年頃の動物の彫像から、古代エジプトに終焉を告げたローマ皇帝の肖像まで、壮大なエジプト史を網羅する同館のコレクションは、17世紀のブランデンブルク選帝侯の所蔵品を発端とし、その後のプロイセン王が主導した発掘や購入により、世界有数のエジプトコレクションとなりました。とりわけ、宗教改革によって個性的な芸術が生まれたアマルナ時代の充実した所蔵品と6万点にものぼるパピルス・コレクションは必見です。


展示構成

第1章 天地創造と神々の世界

古代エジプト社会においては、全知全能の神々の力によって、空や雲、砂漠、風などの自然や、人間や獣、昆虫などの生物、太陽や月、星ぼしに至るまで、この世の全てが創造されたと考えられていました。原初の海「ヌン」と呼ばれる暗闇が支配する混沌とした状態から神々の意思により秩序ある世界が創造されたのです。古代エジプト人は、この秩序をマアトと呼びました。この章では、神々の姿や、神々が創った森羅万象を見ていきます。

背面にジェド柱を持つオシリス神座像

高さ21.5cm×幅7.2cm×奥行き10.5cm
末期王朝時代、前664~前332年頃
© SMB / S. Steiß

ホルスに授乳するイシス女神

高さ9.7cm×幅3.2cm×奥行き6.1cm
末期王朝・第26王朝、前664~前525年頃
© SMB / S. Steiß

隼の姿をしたホルス神

高さ3,8cm x 幅1,5cm x奥行き 3,8cm
プトレマイオス朝、前323~前30年頃
© SMB / S. Steiß

セクメト女神座像

高さ211cm×幅49cm×奥行き102cm
新王国・第18王朝、アメンヘテプ3世治世、前1388~前1351年頃
© SMB / S. Steiß

バステト女神座像

高さ22.5cm×幅8.7cm×奥行き17cm
末期王朝・第26王朝、ネコ2世治世、前610~前595 年頃C
© SMB / S. Steiß

第2章 ファラオと宇宙の秩序

宇宙の全体を支配する秩序・摂理(マアト)は、絶対であり、個々の人間が遵守すべき最も重要な規範・道徳としても考えられていました。人間社会のリーダーであるファラオは、社会の中でマアトを守り、実行する最高責任者でした。異民族の侵入やファラオに対する謀反といったようなマアトを揺るがす大きな事件に対しては、「善き神」であるファラオ自身が、強いリーダーシップをもってマアトを実践していくことが必要とされていたのです。

ハトシェプスト女王あるいはトトメス3世のスフィンクス像頭部

高さ18,5cm x 幅16cm x 奥行き13cm
新王国・第18王朝、ハトシェプスト・トトメス3世治世、前1479~前1425年頃
© SMB / M. Büsing

王の書記ホリのステラ

高さ100cm×幅65cm×奥行き15cm
新王国・第20王朝、ラメセス8世治世、前1126~前1125 年頃
© SMB / I. Geske

カルナク神殿のアメン神官ホルの方形彫像

高さ31cm×幅16.5cm×奥行き21cm
第3中間期・第22王朝、オソルコン2世治世、前875~前837年頃または第23王朝、オソルコン3世前790~前762年頃
© SMB / S. Steiß

ベス神の象嵌

高さ16.8cm×幅8.2cm×奥行き2.2cm
末期王朝時代、前664~前332年頃
© SMB / J. Liepe

創造の卵を持つスカラベとして表現された原初の神プタハ

高さ43cm×幅25.5cm×奥行き17cm
第3中間期・第25王朝(クシュ王朝)、前746~前655年頃
© SMB / J. Liepe

太陽の船に乗るスカラベを描いたパネヘシのペクトラル(胸飾り)

高さ10.6cm×幅10.2cm×奥行き26cm
新王国・第20王朝、前1186~前1070年頃
© SMB / S. Steiß

ネフェルティティ王妃あるいは王女の頭部

高さ29cm×幅14.9cm×奥行き16.5cm
新王国・第18王朝・アマルナ時代、アメンヘテプ4世/アクエンアテン王治世、前1351~前1334年頃
© SMB / S. Steiß
※東京/京都のみ展示

ネフェルティティ王妃立像

高さ40.5cm×幅8cm×奥行き17cm
新王国・第18王朝・アマルナ時代、アメンヘテプ4世/アクエンアテン王治世、前1351~前1334年頃
© SMB / S. Steiß
※静岡/八王子のみ展示

第3章 死後の審判

死者は、墓地の守護神でミイラ作りの神でもあるジャッカルの頭をしたアヌビスにより、「二つのマアト(正義)の広間」に導かれます。ここで死者の審判が行われ、死者の心臓は天秤ばかりにかけられ、マアトを象徴する羽根と釣り合うか計られます。古代エジプト人は考えたり思ったりする器官は脳ではなく心臓だと考えていました。

タレメチュエンバステトの「死者の書」

高さ37.2cm×幅419.6cm×奥行き1.7cm
プトレマイオス朝初期、前332~前246年頃
© SMB / A. Paasch

デモティックの銘文のあるパレメチュシグのミイラ・マスク

高さ42cm x幅31cm x 奥行き56cm
ローマ支配時代、後50~後100年頃
© SMB / M. Büsing

タイレトカプの人型木棺(外棺)

高213cm x幅78cm x 奥行き120cm
第3中間期末期~末期王朝時代初期、第25~26王朝、前746~前525年頃
© SMB / S. Steiß

タバケトエンタアシュケトのカノポス容器

高さ35~38.5cm×幅13~13.5cm×奥行き13.5~15.5cm
第3中間期・第23王朝、タケロト2世治世、前841~前816年頃
© SMB / S. Steiß

ロータス花弁形ペンダントのネックレス

高56cm x幅9cm x 奥行き2.3cm
新王国時代、前1550~前1070年頃
© SMB / S. Büchner

ミイラの覆い布

高104cm x幅98cm x 奥行き1cm
後1~2世紀頃
© SMB / S. Steiß